アロマテラピー大百貨TOP  ≫ 香りと体のメカニズム

香りと体のメカニズム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.注意事項

精油は原則として飲用としては使いません。一部の医師の治療によっては内服するという方法がとられる事もありますが、一般の人の自己判断は危険を伴う為、専門知識を持った医師の指導時以外は決しておこなってはいけませんので注意しましょうね。
スポンサーサイト

3.皮膚から

アロママッサージやアロマバスで得られる作用が肌からの成分吸入です。精油はとても小さな物質で出来ているため、皮膚表面にあって表皮を覆う皮脂膜や、角質層のバリアゾーンを通過します。このため、精油の成分が肌に潤いを与えたり、さらには浸透して血液やリンパに入り全身を駆けめぐって、各器官に作用していきます。

2.肺から

呼吸で肺に入った成分は肺胞という器官の粘膜から血液に入り体内の組織に影響を与えます。鼻から入った成分も鼻腔粘膜から血液に入りますが、その量はごくわずかです。痰をおさえたり、せきを鎮めたりするのは精油の成分が気管支から肺へ入る際に作用したものです。最終的には尿や汗として体外に排出されます。アロマバスに肺って深呼吸したり、吸入で得られる作用が、この肺からのルートです。

1.鼻から

一般的に私たちがにおいを認識するのは、
成分を鼻の奥(鼻腔)の上にある嗅上皮(きゅうじょうひ)の粘膜に付着し、嗅毛(きゅうもう)がキャッチ。その成分情報が電気信号に置き換えられて大脳に伝わりにおいとして認識されます。その成分は感情や欲求などに深く関わる大脳辺緑系から、自律神経をコントロールしたり、体温やホルモンの調節をしたりする視床下部に伝えられます。この大脳辺緑系から視床下部の関係は、心の動きが体へ影響を与える重要なラインで、精油の成分はこうして心身に影響していきます。

スポンサードリンク
Copyright (C) アロマテラピー大百貨. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。