2.肺から

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
呼吸で肺に入った成分は肺胞という器官の粘膜から血液に入り体内の組織に影響を与えます。鼻から入った成分も鼻腔粘膜から血液に入りますが、その量はごくわずかです。痰をおさえたり、せきを鎮めたりするのは精油の成分が気管支から肺へ入る際に作用したものです。最終的には尿や汗として体外に排出されます。アロマバスに肺って深呼吸したり、吸入で得られる作用が、この肺からのルートです。
スポンサーサイト
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) アロマテラピー大百貨. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。